中部高原のボーキサイト開発プロジェクト、反対意見が相次ぐ    Dự án kai thác Bauxite Tây Nguyên, hàng loạt ý kiến phản đối

 19/4/2009 

VnEconomy

イメージカット


ベトナム石炭・鉱産物公社(略称:TKV)がこのほど、中部高原ラムドン省 とダックノン省でアルミニウム鉱石(ボーキサイト)の開発を始めたことをめぐり、反対意見が浮上している。

4月9日、ハノイで開催された「中部高原地方経済・社会におけるボーキサイト開拓、アルミニウム・鉄鋼生産の役割及び環境、文化への影響」をテーマとするセミナーには、ホアン・チュン・ハイ副首相のほか、多くの科学・経済・社会専門家ら参加した。

ほとんどの専門家は、国際アルミニウム価格が下落している現状を考慮しつつ、ボーキサイト、アルミニウムの開発プロジェクトの経済効果、環境への影響への懸念を指摘した。


ホアン・チュン・ハイ副首相は「各専門家、科学者の懸念は根拠がある」と結論づけた。
そして副首相は、経済効果や、環境への影響を再考するよう、TKV、商工省、各関連機関に指示したうえで、利益が赤字になったら、プロジェクトを中止さぜるを得ないと発言した。


なお、セミナーで、副首相はベトナム人民軍の最高指揮官ヴォー・グエン・ザップ氏のボーキサイト開発プロジェクトに関する意見(書簡)を読み上げた。
ザップ氏は「各専門家、社会活動の関係者、管理者等はボーキサイト開発について、真剣かつ理論的に討論してほしい。私見では中部高原地方に於けるボーキサイトの開発はしない方がいい。国の長期的発展・利益を考慮すると、環境、社会へ重大な影響をもたらすから」と訴えた。

 

 「VnEconomy 2009年4月10日」

http://www.moneyvietnam.com/index.php?option=com_news&op1=otc&sid=14237

Copyright © 2009 by Bauxite Việt Nam International http://bauvinal.info.free.fr  http://bauxitevietnam.free.fr